公園の芝生にお気に入りのシートを敷いて、ゆっくりコーヒーを飲んだり読書をしたり。

そんな「ひとりピクニック」のお供として、あると便利なのがミニテーブルです。

ひとりピクニックにおすすめのミニテーブルを、5つご紹介いたします。

ひとりピクニック用のミニテーブル選びのポイント

おすすめをご紹介する前に、まずは押さえておきたい選び方のポイントをサクっとご説明します。

ひとりピクニックに使うミニテーブルの場合、1人もしくは2人で使用するような小さくて軽いものを選ぶのがポイントです。

以下、ポイントを並べておきますので、選ぶときにチェックしてみてください!

  • 1人で持ち運べる大きさ?重さ?
  • 折りたためる?
  • 見た目は自分好み?

それでは、おしゃれで可愛いおすすめミニテーブルを5つご紹介していきます!

1.モザイク柄が可愛い*コールマンのミニテーブル

わたしが普段ひとりピクニックで使っている、コールマンのミニテーブルです。

ひとりには十分すぎる面の広さですが、折りたためるので持ち運びはしやすいです。

アルミ製で、ひとりで持ち運んでも負担のないギリギリな重さだと思います。(最後に書きますが、これ以上思いとちょっと辛いです)

柄がレトロ感もある落ち着いた色合いで、かわいいです!

※わたしが運営する姉妹サイト『2人キャンプ初心者ガイド』でもたびたび登場しています。

2.ひとりにはジャストサイズ*ロゴスのミニテーブル

ひとりピクニックにぴったりなサイズの、ロゴスのミニテーブルです。

先にご紹介したコールマンのミニテーブルよりもひと回り小さく、重さも960gと軽いです。

足が折りたためるのもいいですね!

4色展開されていて、どれもやさしい色なのでかわいいです。

3.1人向けにつくられた超軽いSOTOのミニテーブル

わたしが見つけた折りたたみミニテーブルの中で、最も小さく最も軽いのがこちら。

重さは395g、大きさは先ほどのロゴスのミニテーブルよりも小さいです。

しかも折りたたむとA4の半分にまで…!

シンプルなアルミのつくりだから、どんなシチュエーションにも合いそうです。

4.持ち運びラクちん*バンドックのロールテーブル

ミニテーブルというよりも、ちょっとした台という感じのこちら。

「飲み物やちょっとした食べ物が置ければいいかな」という人におすすめです。

ポイントは、他の折りたたみテーブルとは違って、ぐるぐる巻いて収納して持ち運べるところ。

収納ケースもついているので、持ち運ぶときにかさ張らないのがいいですね!

5.A4サイズ・キャリーバック付き*ロゴスのミニテーブル

最後にもうひとつ、ロゴスのミニテーブルを。

こちらはA4サイズ、重量410gのコンパクトなテーブルです。

足を折りたたんで付属のキャリーバックに入れて運びます。

ロゴスは色合いが落ち着いていて、かわいいなぁと思います。ロゴス好き。

おまけ

ちなみに当サイトでもよく出てくるこちらのミニテーブル↓

重さが1.6kgもあるので、ひとりで遠出するときに運ぶには、ちょっと重いし大きいです。

買って使ってみて「失敗したな」と思ったので、今はおうちのインテリアになってます(笑)

ひとりピクニックはいかに身軽で、のんびり楽しめるかがポイントなので、失敗談として参考にしてもらえれば幸いです!

※ちなみに、コチラです↓重さや大きさのご参考まで…!