「今日は一人でのんびりしたいな~」と思ったとき、どこに行きますか?

自宅でごろごろ? お気に入りのカフェでまったり?

どちらも好きですが、もう一つの選択肢として「ひとりピクニック」も好きです。

ひとりピクニックの楽しさや、「どんなことするの?」という疑問にお答えします。

ひとりピクニックとは?

ネーミングのとおり、一人で公園に行ってピクニックをするのが「ひとりピクニック」です。

場所は、ピクニックができればどこでも。わざわざ遠くまで行かなくても近所の公園でもいいし、ちょっと遠出してもいい。

シートを敷いて本格的にピクニックしてもいいし、公園のベンチに座ってのんびりするのだって「ひとりピクニック」です。

ひとりピクニックでは、どんなことをするの?

わたしは都会に住んでいますが、人混みが苦手だし、どちらかというと自然の中にいるのが好きです。

でも、毎週のように遠出して山や海に行くのは難しい。。。

ということで、お手軽に自然の中でのんびりするために「ひとりピクニック」をしています。

ピクニックなので特に「何をしなきゃいけない」という決まりはありませんが、わたしはこんなことをしています。

  • シートやベンチに座ってコーヒーを飲む
  • サンドイッチやお菓子を食べる
  • 本を読む
  • 芝生で遊んでいる子どもや犬をボーッと眺める
  • 考え事をする

ひとりピクニックの楽しさ

「そんなの、家でやればいいじゃん…?」と思われそうですが、家の中と自然の中では、全然違います。

寝っ転がれば青空が一面に見えるし、BGMは風で木々が揺れる音や、海辺だったらさざ波の音

家だとテレビを見たりインターネットを見たり、なんか家事をやったりセカセカと動いてしまいがち。

自然の中って、ちょっとした非現実だと思うんですよね。なーんにも難しいことは考えずに、その時間を全力で楽しめる感じがします。

  • 思考をリセットできる
  • 難しいことを考えずにのんびりできる
  • 開放的で気持ちいい

この辺が、「ひとりピクニック」の楽しさなんじゃないかなと思います。

まとめ

都会に住んでいると、人間らしくない生活をしてしまいがちです。

本来は人間も生物だから、明るくなったら起きて、暗くなったら寝る。木々や花の成長を見て四季を感じる……

コンクリートジャングルにいると、なかなかこういう自然な生き方って難しいです。

でも、ちょっと大きめな公園ぐらいだったら、割と近くにありますよね。

たまには公園でのんびりして、自然の中でボーッとしてみるの、オススメですよ!